ANA、燃油サーチャージ12月以降も引き続きゼロに

航空 企業動向
ANA(イメージ)
  • ANA(イメージ)
全日本空輸(ANA)は、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を、12月から1月に発券される航空券も燃油サーチャージを引き続き適用しないと発表した。

ANAグループでは、燃油サーチャージを2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。今回、8月から9月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり54.24米ドル、為替レートが1ドル=101.64円だった。シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5513円となり、燃油サーチャージを適用する6000円を下回った。

このため、2016年4月から11月の発券分に続き、12月から1月に発券される全路線の航空券に燃油サーチャージをゼロとする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL、国際線の燃油サーチャージを12月以降もゼロに 画像 JAL、国際線の燃油サーチャージを12月以降もゼロに
  • ANA、国際線貨物の燃油サーチャージは据え置き…JALはゼロ 10月 画像 ANA、国際線貨物の燃油サーチャージは据え置き…JALはゼロ 10月
  • 東京2020デザインジェット、就航…JAL・ANA両社長「あの感動を再び」 画像 東京2020デザインジェット、就航…JAL・ANA両社長「あの感動を再び」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース