【からくり改善くふう展16】狭い部分への組み付けを確実に速くする工夫…ダイハツ

自動車 ビジネス 企業動向
ワッシャマン。シリンダーヘッドの隣にあるのがワッシャーを配列させるプレート。
  • ワッシャマン。シリンダーヘッドの隣にあるのがワッシャーを配列させるプレート。
  • プレート右にあるボックスが振動しながら全面に移動して、ボックス底からプレートにワッシャーを供給する。
  • プレートを引っ張り、シリンダーヘッドの上までもってきたら、レバーを引いて、ワッシャーをヘッドに落とす。
  • ヘッドのボルト穴には下からガイドが突き出ていて、これを通ったワッシャーは、ガイドが下から抜ける際にガイドの曲がりによって、位置を合わせて寝かせられる。
  • 燃焼室に挟まれた狭い穴にワッシャーがキチンと置かれている。
  • これまでワッシャー取り付けに使っていた治具。1つ1つ確認しながらガイドを抜く必要があった。
シリンダーヘッド、それも非常にコンパクトなものをからくりに載せて展示していたダイハツ。どんなからくりか、興味津々で近付いてみると…。これはシリンダーヘッドをブロックに組み付ける際、スタッドボルトを締め付けるナットの座金、ワッシャーを組み込むためのからくり「ワッシャマン」だそうだ。

従来、この作業は手作業で1つ1つのワッシャーを並べ、それを専用治具で4つずつ掴み、取り付け部に移動して、ワッシャーを慎重に落とし、定位置に寝かせるように確認しながら揺らしていた。この作業を1つのヘッドで2回繰り返していたそうだ。どうしてこんな面倒な作業になっていたかというと、ワッシャーはナットよりも一回り大きく、ヘッドの奥に取り付けるには途中の狭い区間を通過させるのに苦労していたからだった。

ワッシャマンは、まずボックス内のワッシャーを8枚、所定の位置に並べるようにボックスが振動しながら上部のプレート全面を移動する。その後、プレートをシリンダーヘッドの上まで移動させると、リンク機構で連動してヘッドのスタッドボルト穴に下からワッシャー挿入ガイドが突き出してくる。プレートのレバーを引くとシャッターが開いてワッシャーが挿入ガイドに落ち、ガイドに沿って取り付け部分まで落ちるのだ。さらに凄いのはガイドが下がって抜ける際に、先端のくの字型部分がワッシャーを内側から左右に振ることで、ワッシャーは定位置で寝かせられるようになること。

このワッシャマン、まだ完成したばかりで、これから現場に導入されることになると言うが、これまでとは比較にならないほどワッシャーを組み込む作業が楽で速く確実になるのは間違いなさそうだ。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

  • マツダと関連企業4社、からくり改善くふう展 に15作品を出品 9月29-30日 画像 マツダと関連企業4社、からくり改善くふう展 に15作品を出品 9月29-30日
  • 豊田合成、からくり改善くふう展に20作品を出展 9月29-30日 画像 豊田合成、からくり改善くふう展に20作品を出展 9月29-30日
  • ダイハツ コペン 向け高音質Bluetoothオーディオ発売 画像 ダイハツ コペン 向け高音質Bluetoothオーディオ発売
  • ダイハツ、トヨタの完全子会社としてスタート 画像 ダイハツ、トヨタの完全子会社としてスタート
  • 「Maker Faire」が今年も熱くて楽しくてオカシイ[写真蔵] 画像 「Maker Faire」が今年も熱くて楽しくてオカシイ[写真蔵]

特集