JAL、国際線貨物燃油サーチャージをゼロに 10月から

航空 企業動向
JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、10月1日から日本発国際貨物燃油サーチャージをゼロにすると発表した。

10月の基準となる、8月のジェット燃料の平均価格が1バレル当たり53.68米ドルで、燃油指標価格を「60.00未満」となり、サーチャージ額を適用しない。

JALでは10月から日本発国際貨物燃油サーチャージの新テーブルを導入する。改定時期は毎月で、各月の貨物燃油サーチャージ額は、「シンガポールで取引されるジェット燃油(ケロシン)価格の前々月の平均値」を燃油指標価格として決定するプロセスに変更しない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月 画像 JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月
  • JAL、9月から国際線貨物の燃油サーチャージを引き下げ 画像 JAL、9月から国際線貨物の燃油サーチャージを引き下げ
  • ANAとAIRDO、札幌=釧路線の臨時便を運航…台風被災地の交通アクセス確保 画像 ANAとAIRDO、札幌=釧路線の臨時便を運航…台風被災地の交通アクセス確保
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース