【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

自動車 ニューモデル 新型車
キャップレス給油口と樹脂フューエルフィラーパイプ
  • キャップレス給油口と樹脂フューエルフィラーパイプ
  • 日産セレナ新型のキャップレス給油口
  • 日産セレナ新型発表会
豊田合成は、同社が開発・製造する「キャップレス給油口」が日本国内で生産・販売される車種として初めて日産自動車の新型「セレナ」に採用されたと発表した。

「キャップレス給油口」は、給油時に燃料キャップの開閉操作を不要にするもので、利便性が高い。

また、給油口とタンクをつなぐ燃料配管である「樹脂フューエルフィラーパイプ」も同社の軽量化製品が採用され、従来の燃料キャップと金属製配管の組み合わせと比べ約40%の軽量化を達成し、車両の燃費性能の向上にも貢献する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集