とさでん交通、ネーミングライツを実施…高知橋停留場

鉄道 企業動向
高知橋停留場におけるネーミングライツのイメージ。現在の停留場名に副名称を加える形になる。
  • 高知橋停留場におけるネーミングライツのイメージ。現在の停留場名に副名称を加える形になる。
  • ネーミングライツによる名称は停留場の案内板などのほか電車内での行先表示やアナウンスでも案内される。
とさでん交通はこのほど、路面電車の高知橋停留場(高知市)で命名権(ネーミングライツ)の実証実験を行うと発表した。新たな収入源の確保による安定輸送を目指す。

発表によると、電停やバス停ごとにスポンサーとなる企業を募集。従来の名称に社名や店舗名、ブランド名などを副呼称として加える形で、新しい名称を命名してもらうという。

今回は実証実験として、桟橋線の高知駅前~蓮池町通間にある高知橋停留場でネーミングライツを実施。電停の行灯(あんどん)や案内板、車内放送、電光掲示板などで新しい名称を案内する。契約期間は3年間で、募集期間は9月15日まで。

とさでん交通は、高知市を中心とした路面電車とバスのネットワークを運営している交通事業者。2014年10月、土佐電気鉄道や高知県交通など3社の経営統合により発足した。

以前は土佐電鉄や高知県交通が公共交通を運営していたが、利用者の減少などによる経営悪化を受け、統合計画が浮上。高知県や高知市など沿線自治体出資のとさでん交通が設立され、3社の路面電車とバスの運営を引き継いだ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース