ローソンでサイクルシェアリングサービスを展開へ…青森で先行実施

自動車 ニューモデル モビリティ
サイクルシェアリングサービス予約のイメージ
  • サイクルシェアリングサービス予約のイメージ
  • NTTドコモとドコモ・バイクシェアリングの自転車シェアリングの自転車仕様イメージ

ローソンと、NTTドコモ、ドコモ・バイクシェアは、ローソン店舗におけるサイクルシェアリングサービスで業務提携することで合意した。

提携の最初の取り組みとして8月23日から青森県内のローソン4店舗で旅行者向けのサイクルシェアリングサービスを開始する。

ローソンは、サービスを通じて全国各地の観光地の新たなインフラを目指すとともに、全国の店舗網を生かし、地域の顧客に利便性の高いサービスを提供する。ドコモとドコモ・バイクシェアは、自転車をはじめとする、様々な移動手段のシェアリングや、利用分析データの活用を通じた新たな付加価値サービス創出を進め、地域に根差した移動手段を提供、温室効果ガス排出量削減や地域・観光の活性化に寄与する。

青森県の4店舗で提供を開始するサイクルシェアリングサービスは、復興庁が東北への外国人旅行者の誘客につながる取り組みを支援する「新しい東北」交流拡大モデル事業の一環として実施する。

シェアリングサービスでは、WEBサイトで事前予約し、発行されるパスコードを自転車本体の操作パネルに入力することで利用できる。利用者に、周辺の観光情報やおすすめサイクリングルートを案内する予定。料金は1日パスが1000円、3時間パスが500円。

また、提携によって全国のローソン店舗にサイクルポートの設置や、各種誘客施策も検討する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース