米EVテスラ、赤字幅1.6倍に 第2四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルX
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは8月3日、2016年第2四半期(4~6月)の決算を開示した。

同社の発表によると、第2四半期の売上高は12億7002万ドル(約1286億円)。前年同期の9億5498万ドルに対して、33%増と伸びた。

一方、第2四半期の最終損益は、2億9319万ドル(約297億円)の赤字。前年同期の1億8423万ドルの赤字から、赤字幅がほぼ1.6倍に拡大している。

赤字が拡大したのは、『モデルS』や『モデルX』の増産にかかるコストが増したため。33%もの増収は、モデルSとモデルXの販売が好調なことを受けたもの。

第2四半期の納車台数は、1万4402台。その内訳は、モデルSが9764台、モデルXが4638台となっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラモーターズ、モデルX を16年秋にも日本市場に投入へ 画像 テスラモーターズ、モデルX を16年秋にも日本市場に投入へ
  • 自動運転テスラの死亡事故、ドライバーは映画を見ていたか 画像 自動運転テスラの死亡事故、ドライバーは映画を見ていたか
  • 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ 画像 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

特集

おすすめのニュース