熊本地震で運休の南阿蘇鉄道、7月31日に一部再開…トロッコ列車も

鉄道 企業動向
南阿蘇鉄道は7月21日、熊本地震の影響で運休中の高森線について、一部の区間のみ7月31日に再開すると発表した。

高森線は、立野(熊本県南阿蘇村)~高森(高森町)間17.7kmを結ぶ鉄道路線。1928年2月に国鉄線として開業したが、1986年4月に第三セクターの南阿蘇鉄道が経営を引き継いだ。今年4月に発生した熊本地震の影響で路盤の流出など甚大な被害が発生し、現在は全区間で運休している。

発表によると、被害が比較的少なかった中松~高森間の7.2kmのみ、7月31日の9時30分から再開する。当面の運転本数は高森発と中松発が各4本で、このうち高森9時30分発と中松9時50分発が普通列車。それ以外の列車はトロッコ列車になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 南阿蘇鉄道、復旧に向け義援金の受付開始…熊本地震で大きな被害 画像 南阿蘇鉄道、復旧に向け義援金の受付開始…熊本地震で大きな被害
  • JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開 画像 JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開
  • 鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末 画像 鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末
  • 鉄道の災害運休区間、前月と変わらず…5月末 画像 鉄道の災害運休区間、前月と変わらず…5月末

特集