マクラーレン通期決算、営業利益は13.5%増…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

マクラーレン 540C クーペ
  • マクラーレン 540C クーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン675LT
英国の高級スポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは7月21日、2015年通期(1~12月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4億5060万ポンド(約630億円)。前年の4億7550万ポンドに対して、5.2%減とマイナスに転じた。

また、2015年通期の営業利益は、2350万ポンド(約33億円)。前年の2070万ポンドに対して、13.5%増となり、3年連続で増加している。

2015年の世界新車販売台数は1654台。前年比は0.06%増と、前年の18%増から伸び率が鈍化した。それでも、5年連続で販売記録を更新した。

マクラーレンオートモーティブのマイク・フルイットCEOは、「2015年はマクラーレンオートモーティブの発展において、重要な1年。スポーツシリーズの発売が、まったく新しい顧客層を呼び込んだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集