ピーチ、操縦士マニュアルをiPadに…国内LCCで初

航空 企業動向
フライスマート・ウィズ・エアバス
  • フライスマート・ウィズ・エアバス
  • ピーチ・アビエーション
ピーチ・アビエーションは、国内LCC(格安航空会社)で初となるエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)を利用した運航を開始したと発表した。

同社は国土交通省からEFBの使用について承認を受けたことから、エアバスが提供する航空機性能計算機能「フライスマート・ウィズ・エアバス」とジェップセンが提供する電子航空図機能「フリート・デック・プロ」を搭載したiPadを操縦室に導入し、操縦士が機内で使用する紙マニュアルをデジタル化する。

「フライスマート・ウィズ・エアバス」、「フリート・デック・プロ」は、タブレット端末用に開発したもの。ピーチでは、アプリと端末の管理体制の策定や、乗員訓練などを経て、国交省から承認を得たことから評価運用を開始する。

同社ではEFBを活用して操縦室内で使用する紙のマニュアル類を電子化し、マニュアル変更をタブレット上で迅速に周知できる体制を構築して安全運航を目指す。また、電子化による機体重量軽減による燃費向上や離着陸時の機体性能をコンピューター計算することで運航効率の最適化を図る。

このほか、iPadを経由してウェザーニューズが提供する「フォスター・ネクトジェン」による最新の航空気象情報を乗務員にリアルタイム配信する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ピーチ、関西空港内の作業に超小型EV「コムス」デモ試験運用 画像 ピーチ、関西空港内の作業に超小型EV「コムス」デモ試験運用
  • ピーチ、就航3年7か月で連続式耐空証明を取得…機体整備による運休数を減少 画像 ピーチ、就航3年7か月で連続式耐空証明を取得…機体整備による運休数を減少
  • エアバス、チベット航空 A330 第1号機を引き渡し 画像 エアバス、チベット航空 A330 第1号機を引き渡し
  • エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し 画像 エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

特集