BMWグループ 創立100周年、全国7都市を巡るツアーイベントを開催…7月9日より

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
BMW 100th アニバーサリーツアー
  • BMW 100th アニバーサリーツアー
  • BMW M4 GTS
  • BMW 330e
  • AUTOBACS RACING TEAM AGURIのBMW M6 GT3(SUPER GT 第1戦岡山)
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWグループの創立100周年を記念し、7月から12月にかけて全国7都市をめぐるツアーイベント「BMW 100th アニバーサリーツアー」を実施すると発表した。

BMW 100th アニバーサリーツアーは、BMW 100年の歴史の中から厳選したヒストリックカーと生産車およびレーシングカーの最新鋭車が一堂に会し、BMWの歴史と近未来を一望できるイベント。東京、仙台、名古屋、札幌、福岡、広島、大阪の7都市で順次開催する。

ヒストリックBMWについては、堺市ヒストリックカーコレクションの協力で「BMW 507ロードスター」「BMW 2002ターボ」および「BMW イセッタ250」を、BMWクラブジャパンの協力により「BMW 3200S」を展示する。

市販車両はリモートパーキングやジェスチャーコントロールなど最先端技術を導入した新型BMW『7シリーズ』、モータースポーツ技術を注ぎ込んだ限定生産車 BMW『M4 GTS』、新型プラグインハイブリッド BMW『330e』『225xe アクティブ ツアラー』など、最新モデルを用意する。

レーシングカー分野では、SUPER GTで活躍する「BMW M6 GT3」がレースのスケジュールを縫って会場に持ち込まれる(東京/仙台/札幌/大阪のみ)。

また、一部の展示専用車を除いた新型車は会場近隣で試乗できるほか、タカラトミーとのコラボレーションによるプレイランドの開設や、オリジナルフォトカードの製作といったアトラクションも用意する。

ツアーの皮切りとなる7月9日~10日の東京地区イベントは、東京ベイフロントに新設したブランド体験型販売拠点「BMW GROUP Tokyo Bay」のグランドオープン記念として開催。BMWショールームに6台のヒストリックカーを展示、各車両の横には年代に応じたドレスに身を包んだモデルが並び、ヒストリックカーを彩る。

MINIショールームではグラスファイバー製のMINIにアーティストのBakiBakiおよびShibuyaがペインティングを施すライブアートのほか、ジョンクーパーワークスによる全日本ラリー選手権での走行を360°の3D映像で再現した「VRラリー・エクスペリエンス」、MINIの歴史やデザイン、100周年記念コンセプトカー「MINI VISION NEXT 100」に関するエキシビションパネル展示を実施する。

さらに敷地内のドライビングエリアでは、BMW M6 GT3(10日のみ)、MINI ジョンクーパーワークス、BMW F800R、BMW M4、今年30周年を迎えるBMW M3(エム・スリー)の初代から現行5代目までの歴代全モデルが渾身のパフォーマンスを披露する「ジ・アルティメイト・ドライブ」を開催。SUPER GTでBMW M6 GT3をドライブする荒 聖治/ヨルグ・ミュラー(10日のみ)、全日本ラリーに出場する大橋逸夫、エクストリームバイク スタントライダーの小川裕之各選手がドライバーを務める。

■BMW 100th アニバーサリーツアー開催スケジュール

・7月9日(土)-10日(日) BMW GROUP Tokyo Bay(東京)
・7月18日(月・祝)仙台国際センター展示棟(仙台)
・8月28日(日) ノリタケの森(名古屋)
・9月4日(日) サッポロファクトリー(札幌)
・11月6日(日) 福岡タワー(福岡)
・11月13日(日) 広島マリーナホップ(広島)
・12月4日(日) ジーライオン ミュージアム(大阪)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • これが未来のMINI?「次の100年」示すコンセプトカー 画像 これが未来のMINI?「次の100年」示すコンセプトカー
  • BMW、メキシコ工場を起工…2019年から 3シリーズ 生産へ 画像 BMW、メキシコ工場を起工…2019年から 3シリーズ 生産へ
  • 日本最大規模のBMW/MINIショールーム、臨海副都心にオープン 画像 日本最大規模のBMW/MINIショールーム、臨海副都心にオープン
  • BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円 画像 BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

特集