JR東日本、南武線の津田山駅を橋上化…川崎市と工事協定締結

鉄道 企業動向
津田山駅の完成イメージ。ホーム中央部付近に橋上駅舎と自由通路を設ける。
  • 津田山駅の完成イメージ。ホーム中央部付近に橋上駅舎と自由通路を設ける。
川崎市とJR東日本横浜支社は6月16日、南武線津田山駅(川崎市高津区)の工事施行協定を締結した。同駅にエレベーターを備えた自由通路と橋上駅舎を整備し、バリアフリー化を図る。

両者の発表によると、橋上駅舎と自由通路は駅の中央部に設置。駅の北側にある現在の駅舎は撤去される。自由通路は工事延長が55mで、幅は通路部が4m、階段部が2.3~2.68m。エレベーターも2基設置される。橋上駅舎はエレベーター1基と多機能トイレを設置。外観は2014年度に実施したデザイン投票の結果を反映するという。

工事費は総額22億441万1000円で、このうち19億9441万3000円を川崎市が負担。残る2億999万4000円はJR東日本が負担する。工事工程は2020年3月31日まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR東海、中央本線春日井駅を橋上化…10月30日から 画像 JR東海、中央本線春日井駅を橋上化…10月30日から
  • 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始 画像 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始
  • JR西日本、大阪駅の6・7番線にホームドア設置へ…来春使用開始 画像 JR西日本、大阪駅の6・7番線にホームドア設置へ…来春使用開始
  • 新京成電鉄、鎌ヶ谷大仏駅にロッテ清田選手の手形レリーフ設置 画像 新京成電鉄、鎌ヶ谷大仏駅にロッテ清田選手の手形レリーフ設置

特集

おすすめのニュース