JAL、新しい座席「スカイスイート777」を羽田=バンコク線に導入

航空 企業動向
JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
  • スカイスイートIII
  • スカイプレミアム
  • スカイワイダー
日本航空(JAL)は、新客室仕様「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」の国際777-200ER型初号機を、6月18日に羽田=バンコク線に導入すると発表した。

また、8月に羽田=シンガポール線、2017年1月以降にホノルル線へと順次拡大する。

ビジネスクラスに最新のフルフラット型座席「スカイスイートIII」、プレミアムエコノミークラスに「スカイプレミアム」を採用する。エコノミークラスには、足元スペースを最大約10cm拡大した「スカイワイダー」を、並び席の確保や通路アクセスが容易な3-4-2の座席配列とし、顧客ニーズに対応する。

スカイスイート777は現行245~312席のボーイング777-200ERが236席となる。スカイスイートIIIが42席、スカイプレミアムが40席、スカイワイダーが154席となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月 画像 JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月
  • JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入 画像 JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入
  • JAL、夏休みシーズンも国際線の燃油サーチャージ適用せず…8~9月 画像 JAL、夏休みシーズンも国際線の燃油サーチャージ適用せず…8~9月
  • JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引 画像 JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

特集