JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

鉄道 企業動向
山手線で運転されているE235系の量産先行車。来春から量産車の投入が始まる。
  • 山手線で運転されているE235系の量産先行車。来春から量産車の投入が始まる。
  • 完成直後のE235系量産先行車。量産車は2017年春頃から2020年春頃にかけて順次、山手線に投入される。
  • 山手線で現在運用されているE231系500番台は中央・総武緩行線に転用される。
JR東日本は6月8日、E235系電車の量産車を2017年春から新造し、山手線に投入すると発表した。現在の車両は中央・総武緩行線への転用改造などを行い、引き続き使用する。

E235系はJR東日本の次世代型通勤電車。山手線用の量産先行車が2015年3月に完成した。試験運転を経て同年11月に営業運転を開始したが、初日にオーバーランなどのトラブルが多数発生したため運転を中止。システムの改修を経て今年3月から営業運転を再開している。

発表によると、E235系の量産車を2017年春頃から2020年春頃にかけ539両(11両編成49本)新造し、山手線に投入する。量産車の基本的な仕様は量産先行車を踏襲する。一方、同線で現在運用されているE231系500番台は、ホームドアにも対応可能な保安装置などを含む改造を行い、中央・総武緩行線に転用するという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 山手線の新型電車「E235系」先行車が完成…新潟から一路東京へ 画像 山手線の新型電車「E235系」先行車が完成…新潟から一路東京へ
  • 山手線に新型車両「E235系」導入…先行車は来秋運転開始 画像 山手線に新型車両「E235系」導入…先行車は来秋運転開始
  • JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から 画像 JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から
  • JA・JK・JT・AKB…JR東日本、首都圏で駅ナンバリングなど導入へ 画像 JA・JK・JT・AKB…JR東日本、首都圏で駅ナンバリングなど導入へ
  • JR東日本、新幹線駅の発車案内表示でトラブル…行き先や時刻分からず 画像 JR東日本、新幹線駅の発車案内表示でトラブル…行き先や時刻分からず

特集

おすすめのニュース