メルセデスベンツ Eクラスワゴン、6世代目の新型が初公開

自動車 ニューモデル 新型車

新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
  • 新型メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン
ドイツの高級車、メルセデスベンツは6月6日、ドイツで開幕したテニス選手権、「メルセデスカップ」において、新型『Eクラス エステート』(日本名:『Eクラス ステーションワゴン』)を初公開した。

新型『Eクラス』については、4ドアセダンが1月のデトロイトモーターショー16でワールドプレミア。今回、半年遅れて、ステーションワゴンにも新型が登場した。新型は、6世代目モデルとなる。

新型の開発コンセプトは、「メルセデスベンツ史上、最もインテリジェントなワゴン」。「アクティブブレーキアシスト」が標準装備されるほか、完全自動運転実現への次なるステップ、「DRIVE PILOT」も導入された。

後席は40対20対40の3分割可倒式。荷室容量は、後席が通常状態で670リットル。電動スイッチ式の後席を倒せば、最大で1820リットルに拡大する。荷室フロアは、上質な仕上げ。ホイールアーチ間の横幅は、1100mm。トノカバーおよびネットが装備される。後席背もたれの角度を10度起こすことで、荷室容量を30リットル増やせる新機能も採用。

リアには、セルフレベリングエアサスペンションを装着。最大積載量は、最も大容量なグレードで745kg。オプションで、「AIR BODY CONTROL」と呼ばれるエアサスペンションが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集