バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用

自動車 ビジネス 国内マーケット

4階のバスターミナル部分を上から望む「バスタ新宿」
  • 4階のバスターミナル部分を上から望む「バスタ新宿」
  • バスタ新宿の待合室の風景
  • 4月4日にオープンした日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」
  • バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用
  • バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用
  • バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用
  • バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用
  • バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用
バスタ新宿オープンから1カ月の利用状況を国土交通省が発表。オープン1カ月(2016年4月4日~2016年5月3日)で延べ58万人が利用した。

バスタ新宿は、国道20号の道路事業で基盤整備を行い、民間バスターミナル会社が施設運営を行う官民連帯による事業。2016年4月4日にオープンした。

1日平均で約2万人が利用。これは、成田国際空港の国内線利用客とほぼ同数になる。また、1日当たりのバスの発着数は約1200便。1便あたり平均約20人が乗車している。お盆時期までには、1625便が発着予定でピーク時には約4万人が利用する見込みだ。

オープン前はJR新宿駅から高速バス停への乗り換え時間が14分かかったが、オープン後は約1分で乗り換えが可能となった。

その他、国道20号で待機するタクシーをバスタ新宿に集約させた効果が現れている。西新宿一丁目交差点(四谷方面)の渋滞長はオープン前には140mだったのがゼロという結果が出ている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集