【GW】成田国際空港、新規就航や増便効果で国際線旅客8.4%増の81万人を予測

航空 企業動向
成田空港 第2旅客ターミナル(参考画像)
  • 成田空港 第2旅客ターミナル(参考画像)
成田国際空港は、ゴールデンウィーク期間中の国際線旅客の利用者推計を発表した。

4月28日から5月8日までの国際線旅客人数は、航空会社の新規就航や増便、日並びの良さもあって前年同期比8.4%増の81万3900人となる見込み。このうち、出国旅客が同10.9%増の42万3200人、入国旅客が同5.8%増の39万0700人を予想する。

方面別では台湾、香港の近距離路線に加え、ハワイ、オセアニア方面も人気となっている。

出国のピークが4月29日、入国のピークが5月8日となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集