熊本空港、24時間運用を4月28日まで延長…災害救援を支援

航空 行政

阿蘇くまもと空港(資料画像)
  • 阿蘇くまもと空港(資料画像)
国土交通省は、熊本地震の発生を受けて実施してきた熊本空港の24時間化を延長すると発表した。

熊本地震での捜索救難、災害派遣、人命救助を目的とする航空機の運航を支援するため、4月24日午前7時30分まで、熊本空港を24時間化していた。今回、4月28日7時30分まで24時間化を延長する。

熊本空港の航空保安業務は通常7時30分から21時30分までとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集