三菱重工、国産ステルス機「X-2」の初飛行に成功

航空 企業動向

三菱重工業は4月22日、防衛省向け国産ステルス機「X-2」の初飛行に成功したと発表した。

X-2の初飛行は、県営名古屋空港を離陸後、上昇、下降、旋回などの基本特性の確認した後、航空自衛隊岐阜基地に着陸した。初飛行を終えた同社の操縦士は「極めて安定した初飛行だった。シミュレータでトレーニングした通りの操縦性で今後の防衛省の要求に応える、素晴らしい機体であることを確信した」と話した。

X-2は、国産初のレーダーに探知されにくいステルス性能や、高い運動性能など、将来の戦闘機に適用される機体、エンジンについて各種先進技術のシステム・インテグレーションを図った試作機。

同社は、機体の取りまとめ企業として、防衛装備庁の指導を受けながら220社に及ぶ国内企業の協力を得ながら、2009年度から開発に取り組んできた。

同社では今後、世界最先端の技術を駆使した防衛航空機の開発・生産、運用支援を通じて日本の安全保障に貢献していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集