JAL、夏の観光シーズンに旭川=羽田線を増便、旭川=伊丹線に就航

航空 企業動向
JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、夏の観光シーズンに合わせて旭川=東京(羽田)線を増便するとともに、旭川=大阪(伊丹)線を運航すると発表した。

夏休み期間中の7月16日~8月31日の期間、旭川=東京線を1日5往復運航する。機材はB767型機を使用する。また、8月2日~8月31日まで旭川=大阪線を1日1往復で運航する。機材はB738型機を使う。

また、国内線に導入している「JAL SKY NEXT」を2016年度中に旭川=東京線の全便に導入して利用者の利便性向上や商品・サービス品質の向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集