えちごトキめき鉄道、赤いリゾート車「雪月花」の記念切符発売…4月23日

鉄道 企業動向

「雪月花」運行開始記念入場券セットの台紙表面。
  • 「雪月花」運行開始記念入場券セットの台紙表面。
  • 諸元表などが載っている「雪月花」運行開始記念入場券セットの台紙裏面。
  • 入場券を収める「雪月花」運行開始記念入場券セットの台紙中面。
  • 各駅にちなんだ写真が入った硬券入場券。
  • 「雪月花」のイラストが入った硬券入場券裏面。
新潟県のえちごトキめき鉄道は4月23日から、リゾート車両「雪月花」の運行開始にちなんだ記念入場券を発売する。

妙高高原・二本木・上越妙高・直江津・名立・能生・糸魚川各駅の大人用D形硬券入場券と特製台紙をセットにしたもので、発売額は980円。妙高高原・関山・二本木・新井・上越妙高・高田・春日山・直江津・筒石・能生・糸魚川・青海の各駅で合計2000セットが発売される。購入は一人5セットまで。売切れ次第、発売終了となる。

「雪月花」は2両編成のリゾート車両。走行装置は日本海ひすいラインの普通列車で運用されているET122形気動車とほぼ同じだが、車体は銀朱色をベースに新潟の四季をモチーフとした外観に。内装は「和モダン」を基調とし、パノラマウィンドウとハイデッカー仕様の展望サロンが設けられた。沿線の日本海や妙高山など新潟県の自然を見渡すことができるほか、新潟の旬の食材を使った料理も提供される。

4月23日から予約制のリゾート列車『えちごトキめきリゾート雪月花』として、運行を開始する予定。これに先立つ4月17日には、一般向けの公開イベントが直江津駅(上越市)で開催される予定だ。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集