ガソリンなど鉄道車内への持ち込み禁止へ…『のぞみ』放火事件受け

鉄道 企業動向
JR旅客6社や大手私鉄16社、公営地下鉄7局などは3月31日、鉄道車両内に持ち込める手回り品のルールを一部変更すると発表した。2015年6月30日に発生した東海道新幹線『のぞみ225号』での車内放火事件を受け、可燃性液体などの持ち込み制限を厳しくする。

現在、ガソリン・灯油・軽油・酒類・化粧品類・医薬品・ライターは容器を含む重量が3kg以内、ペンキは10kg以内なら持ち込めるが、ルール変更後はガソリン・灯油・軽油の持ち込みを量に関わらず禁止する。酒類・化粧品類・医薬品・ライター・ペンキも量の制限を厳しくし、2リットルまたは容器を含む重量が2kgまでに限り持ち込みを認める。

高圧ガスは現在、LPガスの持ち込みが禁止されているが、ヘアスプレーやカセットガスなどは持ち込みに関する規定がない。ルール変更後はヘアスプレーやカセットガスなども、2リットル以内または容器を含む重量が2kg以内の制限を設ける。LPガスは引き続き持ち込みを禁止する。このほか、キャンプ用固形燃料の持ち込み量も、現在の3kg以内から2kg以内に変更する。

ルールの変更はJR旅客6社が4月28日に実施。それ以外の鉄道各社局は4月28日以降、順次実施する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集