郵船クルーズ、「飛鳥II」2016年下期プランを発表…博多と広島発着クルーズを設定

船舶 企業動向
飛鳥II (参考画像)
  • 飛鳥II (参考画像)
  • クルーズ客船「飛鳥 II」
郵船クルーズは、「飛鳥II」の2016年下期商品ラインアップを決定したと発表した。

南西諸島・台湾クルーズやXmasクルーズ、ニューイヤークルーズなどの定番コースに加え、今年は博多、広島発着クルーズを設定する。

博多・横浜クルーズは10月13日から2泊3日で8万4000~42万円、博多発着・舞鶴・隠岐クルーズが10月3日から3泊4日で14万1000~70万8000円。

広島・横浜クルーズは11月10日から2泊3日で9万~44万6000円、秋の広島ワンナイトクルーズが11月9日から1泊2日で4万5000~22万3000円などとなっている。

また、お得な旅行代金の設定やキャンペーンも設定するとしている。

パンフレット完成は4月中旬の予定。博多、広島発のクルーズは4月4日発売開始となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JTB、大型クルーズ船「飛鳥II」の特別企画プランを発売…列車や航空機と組み合わせ 画像 JTB、大型クルーズ船「飛鳥II」の特別企画プランを発売…列車や航空機と組み合わせ
  • 郵船クルーズの「飛鳥II」がクルーズシップ・オブ・ザ・イヤー総合1位に 画像 郵船クルーズの「飛鳥II」がクルーズシップ・オブ・ザ・イヤー総合1位に
  • 「飛鳥II」で7か国・39日間の船旅…郵船クルーズ、2017年グランドクルーズを発表 画像 「飛鳥II」で7か国・39日間の船旅…郵船クルーズ、2017年グランドクルーズを発表
  • 川崎近海汽船、2018年から宮古港=室蘭港フェリーを運航 画像 川崎近海汽船、2018年から宮古港=室蘭港フェリーを運航

特集

おすすめのニュース