【トヨタ プリウス 新型】新旧比較試乗、注目は燃費よりシャシー性能

自動車 ニューモデル 新型車
新型 プリウス プロトタイプと旧型 プリウス(写真は資料画像)
  • 新型 プリウス プロトタイプと旧型 プリウス(写真は資料画像)
  • 旧型 プリウス(参考画像)
  • 新型 プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ プリウス 新型
12月9日にトヨタ自動車が発表した第4世代『プリウス』。発表会が行われたメガウェブ近くのミニコースで新旧両プリウスを乗り比べることができた。コースは600mで、タイトターン、パイロンスラローム、中速コーナー、クランク、悪路などで構成される。また、途中で2回の停止がある。

最初に乗ったのは旧型。試乗車は走行距離4000km台という新車に近いコンディション。後期型になって乗り心地やハンドリングが改善されたと聞いていたが、パイロンスラロームやコーナーでの回り込みのもったりした動きは「あー、プリウスだなあ」という感じそのものだった。

ロープやゴムをばら撒いて作った悪路区間における足回りのガタつきぶりは今どきのCセグメントにあるまじき悪さで、ノーマルにもせめて『プリウスPHV』程度の足をおごるべきだったのではないかと呆れた次第だった。

新型は、旧型とまったく乗り味が異なる。600m×2周という短距離では本当のところなど何もわかるものではないが、それでも動きについてのアップデートぶりは容易に体感可能なレベルだった。スラローム区間でのアジリティ(敏捷さ)や定常旋回区間でのぐらつきの少なさは、今日のCセグメントとして十分に納得できる水準に達しているように感じられた。機会をみて長距離ツーリング耐性を試してみたいところだ。

また、短い区間ながら燃費もチェックしてみた。2名乗車、ホットスタートという条件で走行後のオンボードコンピュータ上の燃費表示は、旧型が19.1km/リットル、新型が20.1km/リットルであった。この距離ではクルマの性能差よりハイブリッドシステムのエンジンが何回かかったかということのほうが燃費への影響度が大きいため、あくまで参考値にすぎないが、乗った感覚としては、燃費性能だけでわざわざ2代目、3代目から乗り換えるほどの差は感じられなかった。

キーポイントはやはり、大幅にアップしたシャシー性能のほうであろう。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ プリウス 新型】メインカラーが「赤」や「ライムグリーン」になった理由とは 画像 【トヨタ プリウス 新型】メインカラーが「赤」や「ライムグリーン」になった理由とは
  • 【トヨタ プリウス 新型】チーフエンジニア、燃費改善で「もう次のチャレンジを始めなければ」 画像 【トヨタ プリウス 新型】チーフエンジニア、燃費改善で「もう次のチャレンジを始めなければ」
  • 【トヨタ プリウス プロトタイプ 海外試乗】低重心をしっかり実感、動力性能には物足りなさも…河村康彦 画像 【トヨタ プリウス プロトタイプ 海外試乗】低重心をしっかり実感、動力性能には物足りなさも…河村康彦
  • 【トヨタ プリウス プロトタイプ 試乗】ウェットでもよく動くアシ、動きに高級感…松田秀士 画像 【トヨタ プリウス プロトタイプ 試乗】ウェットでもよく動くアシ、動きに高級感…松田秀士

特集