三陸鉄道、北リアス線小本駅を「岩泉小本」に改称…12月23日

鉄道 企業動向

岩泉小本駅の表記イメージ。12月23日に改称される。
  • 岩泉小本駅の表記イメージ。12月23日に改称される。
三陸鉄道は11月24日、北リアス線の小本駅(岩手県岩泉町)を改称すると発表した。新しい駅名は「岩泉小本(いわいずみおもと)」。休止していた乗車券販売窓口も駅名改称後に再開する。

岩泉町内には小本駅のほか、JR東日本が運営する岩泉線の岩泉駅などがあったが、岩泉線は2014年4月1日付で廃止され、町内に「岩泉」を名乗る駅がなくなっていた。このため岩泉町は、三陸鉄道に小本駅の改称を要請していた。

改称は駅に隣接して整備される小本防災センタービルの完成式にあわせ、12月23日に行われる予定。また、2014年4月から休止していた乗車券販売窓口も、12月28日のビルの使用開始にあわせて再開する。同時に駅のホームまでエレベーターで行くことができるようになり、バリアフリー化が図られる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集