パナソニック、次世代リチウムイオン電池搭載の電動アシスト自転車2モデルを発売

パナソニックサイクルテックは、次世代リチウムイオンバッテリーを搭載した電動アシスト自転車2車種を2016年1月下旬から発売すると発表した。

エンターテインメント 話題
パナソニック 自転車WEBサイト
  • パナソニック 自転車WEBサイト
パナソニックサイクルテックは、次世代リチウムイオンバッテリーを搭載した電動アシスト自転車2車種を2016年1月下旬から発売すると発表した。

次世代リチウムイオンバッテリーを搭載したのは新型『ビビ・EX』と『ギュット・ミニ・EX』。大容量セルによる次世代リチウムイオン電池を搭載したビビ・EXの場合、従来モデルに比べバッテリー容量を約21%増量しながら体積を約23%小型化した。コンパクトでありながら電動アシスト航続距離が約54kmと約15%伸ばした。1回充電による走行距離を伸ばして充電回数を減らし、バッテリー持ち運びの手間を軽減する。

バッテリー本体をコンパクト化したことで、フレームサイズの低床化も図り、従来モデルからサドルの高さを約2cm低くした。バスケットの形状を変更、従来モデルより30%大きくした。

同じ容量のバッテリーを搭載するギュット・ミニ・EXも幼児2人同乗モデルでは、業界トップとなる約50kmの電動アシスト航続距離を実現した。

一方、ギュット・ミニ・EXに、アパレルブランド「maarook」とのコラボレーションモデルを設定する。「maarook」の世界観を表現したシートクッション3種類を展開する。外観はボーダー、子どもが座るクッション部分は三角形をあしらった。左右と底面、背面すべてポリウレタン製の素材を使用、同乗する子どもの快適性向上を図った。

価格はビビ・EXが13万7000円、ギュット・ミニ・EXが15万8000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集