JAL、「初日の出富士フライト」実施へ…特製おせち風弁当も

航空 企業動向

初日の出
  • 初日の出
日本航空(JAL)は、例年好評の「初日の出初富士フライト」を2016年元旦も実施すると発表した。

誰よりも早く確実に初日の出が見られるチャーターフライトは、成田空港発着と羽田空港発着の2コースを設定する。

フライトでは、各空港を離陸した後、2016年の「初日の出」と「初富士」を見学してもらう。機内では、特製のおせち風弁当を提供するほか、景品が当たるお楽しみ抽選会も実施する。また、搭乗を記念して「搭乗証明書」も用意する。

募集人員は成田空港発着が220人、羽田空港発着が350人。企画・実施はジャルパックが担当する。

旅行代金は、成田空港のエコノミークラス窓側から2席が7万1000円、羽田空港の普通席利用で翼上の席の窓側から2席が7万5000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集