ジェイテクト、米国でハブユニット工場の生産能力を増強

ジェイテクトは、米国現地法人のコーヨー・ベアリングス・ノース・アメリカ(KBNA)がリッチランド工場を拡張し、ハブユニットの生産能力を増強すると発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
ハブユニット
  • ハブユニット
  • 新工場の外観
ジェイテクトは、米国現地法人のコーヨー・ベアリングス・ノース・アメリカ(KBNA)がリッチランド工場を拡張し、ハブユニットの生産能力を増強すると発表した。

リッチランド工場は、自動車用ハブユニット生産の北米中心拠点として稼働している。今回、自動車生産台数が増加している北米地域での自動車メーカーからの旺盛な需要に対応するため、約1億3300万ドルを投じて生産設備を増設し、12月から乗用車向けの高容量シリーズを量産開始する予定。

同社の技術を結集した最新ラインを導入し、生産性と品質の向上を図るとしている。工場拡張後のハブユニットの生産能力は月産75万個となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集