新生フィスカー、BMWが電動パワートレイン供給へ

自動車 ビジネス 企業動向

フィスカー・カルマ(参考画像)
  • フィスカー・カルマ(参考画像)
  • カルマ オートモーティブのロゴ
プラグインハイブリッド(PHV)スポーツカー、『カルマ』を製造・販売していた米国フィスカーオートモーティブ。新生フィスカーのパワートレインは、BMWから供給を受けることが決定した。

フィスカーオートモーティブは2013年11月、破産を申請。2014年2月には、同社の資産を中国の万向集団が落札。その万向集団が主導する形で、新たなブランド、「ザ・ニュー・フィスカー」が誕生した。

2015年6月、新たに立ち上げられたフィスカーオートモーティブ&テクノロジーグループ(FATG)は、生産再開計画を発表。米国カリフォルニア州の新工場で、カルマの生産を再開する予定。9月末には、社名を「カルマ オートモーティブ」に変更したばかり。

11月12日、カルマ オートモーティブは、BMWからパワートレイン部品の供給を受けることで合意した、と発表。BMWはカルマオートモーティブに対して、EVやハイブリッド車用の電動パワートレインや、バッテリー充電システムを供給していく。

カルマ オートモーティブは、BMW製パワートレインを搭載したPHVを、2016年に発売する計画。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集