埼玉県内の圏央道全通、久喜白岡から海老名まで60分短縮

自動車 社会 行政

圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲IC開通効果
  • 圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲IC開通効果
  • 圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲IC開通効果
国土交通省は、10月31日に圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲ICが開通したことによる効果(速報)を発表した。

同路線の開通により久喜白岡JCT~海老名JCTまで約130分かかっていたのが67分と、約60分短縮された。

東名高速道路では、圏央道外側で1日当たり交通量が2200台増加しているにもかかわらず内側で1日当たり4700台減し、都心を通過する交通量の減少が期待されるとしている。

桶川北本IC~白岡菖蒲ICの開通後の交通量は1日当たり3万4700台だった。同区間の開通の効果で久喜白岡JCT~幸手ICまでの交通量は、開通前に比べて62%増の1万3800台となっているほか、青梅IC~入間IC間も開通前比16%増、相模原IC~相模原愛川IC間が同13%増えている。

一方で圏央道内側の東名高速・海老名JCT~横浜町田ICの交通量は4%減少した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集