【日産 リーフ 改良新型】福祉車両、LVシリーズも12月24日に同時発売

自動車 ニューモデル 新型車

日産 リーフ アンシャンテ 助手席回転シート
  • 日産 リーフ アンシャンテ 助手席回転シート
  • 日産 リーフ ドライビングヘルパー
オーテックジャパンは、日産『リーフ』のマイナーチェンジに伴い、同車をベースにした「ライフケアビークル(LV)」シリーズをマイナーチェンジし、12月24日より発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、大容量30kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したモデルをベースに設定したほか、先進安全装備「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」と「LDW(車線逸脱警報)」を「ライフケアビークル(LV)」シリーズにも標準装備した。

リーフのLVシリーズは、簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転できるアンシャンテ 助手席回転シート(回転シート車)と、ドライビングヘルパー(運転補助装置付車)の2種を用意。ドライビングヘルパーは今回のマイナーチェンジで、運転席右手頭上に「運転席マイティグリップ」を新たに装備し、利便性を高めた。

ボディカラーは新色や2トーンカラーを設定し、合計9色のカラーバリエーションとした。

価格は367万7400円から406万8000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集