ダイハツ中間決算…国内売上台数減少などで通期予想を下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ コペン セロ
ダイハツ工業は11月2日、2015年4-9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は8216億円(前年同期比-3.2%)、営業利益は302億円(-18.6%)、経常利益は375億円(-18.2%)、四半期純利益は114億円(-44.3%)だった。

第2四半期累計期間の連結売上台数は、64万2000台(-10.0%)。内訳は国内が22万台(-16.3%)、海外が20万4000台(+1.1%)、受託・OEMが21万7000台(-12.4%)だった。

国内では、軽増税影響が想定以上に大きく、4~9月の軽販売台数が大きく減少した。海外も、市場減衰や景気低迷などが影響。原価低減を推進するも台数減少が大きく、減収減益となった。

通期業績見通しについては、国内売上台数の減少やインドネシア市場の停滞を織り込み、下方修正。売上高1兆7000億円(前回予測比-700億円)、営業利益800億円(-200億円)、経営利益920億円(-180億円)、当期純利益は470億円(-130億円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集