中国航空器材集団公司、エアバスA330ファミリー30機とA320ファミリー100機を発注へ

航空 企業動向
エアバスA330-200
  • エアバスA330-200
エアバスは10月29日、中国航空器材集団公司(CAS)がA330ファミリー30機とA320ファミリー100機を発注する一般条件合意書に署名したと発表した。

CASが今年発注したA330は、今回の正式発注を経て、75機に増える。A330に代表されるワイドボディ機は中国での需要が大きく、A330最終組み立て工場を天津市に建設する後押しとなっている。エアバスなどは7月、工場建設の枠組み合意書に署名したばかり。天津市にはA320最終組み立て工場が既に存在する。

29日現在、中国のオペレーターが運航しているエアバス機は1200機以上(A320ファミリーが1000機以上、A330ファミリーが160機以上)。中国における新造機の需要について、エアバスは今後20年間で約5400機にのぼると予測している。そのうち、ワイドボディ機は約1700機。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集