小型二輪車新車販売台数、2か月連続マイナス…9月

モーターサイクル 企業動向
東京・南青山のホンダ本社ショールーム(参考画像)
  • 東京・南青山のホンダ本社ショールーム(参考画像)
全国軽自動車協会連合会が発表した9月の小型二輪車新車販売台数は、前年同月比4.8%減の5923台と2か月連続でマイナスとなった。ブランド別では、スズキを除いて前年を割り込んだ。

シェアトップのホンダは、同11.8%減の1310台と2ケタのマイナス。ヤマハ発動機は同8.4%減の1211台だった。

カワサキは同24.4%減の710台と大幅マイナスとなった。スズキは同38.7%増の652台と好調だった。

輸入車などのその他は1.6%増の2040台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 小型二輪車新車販売台数、5か月ぶりに前年割れ…8月 画像 小型二輪車新車販売台数、5か月ぶりに前年割れ…8月
  • 二輪車国内生産実績、全車種前年割れで9カ月連続マイナス…7月 画像 二輪車国内生産実績、全車種前年割れで9カ月連続マイナス…7月
  • 輸入小型二輪の新規登録、BMWなど好調で6か月連続プラス…9月 画像 輸入小型二輪の新規登録、BMWなど好調で6か月連続プラス…9月
  • 輸入小型二輪の新車登録、主要ブランド好調で2年ぶりプラス…2015年度上半期 画像 輸入小型二輪の新車登録、主要ブランド好調で2年ぶりプラス…2015年度上半期

特集

おすすめのニュース