JR四国、「アンパンマン列車」初の電車投入…来春から運転

鉄道 企業動向

8000系電車を使った「アンパンマン列車」のイメージ。従来の「アンパンマン列車」は基本的に気動車だったが、電車が「アンパンマン列車」になるのは今回が初めてになる。
  • 8000系電車を使った「アンパンマン列車」のイメージ。従来の「アンパンマン列車」は基本的に気動車だったが、電車が「アンパンマン列車」になるのは今回が初めてになる。
  • 8000系電車を使った「アンパンマン列車」のイメージ。来春から運転を開始する。
  • 8000系電車を使った「アンパンマン列車」のイメージ。内装などは後日発表される予定だ。
JR四国は9月28日、予讃線で運用している8000系特急形電車を使用した「アンパンマン列車」を、2016年春から運転すると発表した。

「アンパンマン列車」は、故・やなせたかしさんの絵本シリーズ「アンパンマン」のキャラクターで車両の内外を装飾したJR四国の鉄道車両。2000年10月、2000系気動車を使用した「アンパンマン列車」が土讃線で運行を開始し、翌2001年10月には予讃線でも2000形気動車による「アンパンマン列車」が運行を開始した。

その後、キハ185系気動車を使用した「ゆうゆうアンパンマンカー」や、キハ32形気動車を改造したキクハ32形「アンパンマントロッコ」も登場しているが、電車を使用した「アンパンマン列車」は、これが初めてになる。

JR四国の発表によると、8000系8両を「アンパンマン列車」として装飾し、岡山・高松~松山間で運転する。デザインコンセプトは「虹の架け橋」で、アンパンマンの世界の「五色の虹」を採用。白をベースに「瀬戸内海の海や山々にも映える、鮮やかな虹で各車両を結ぶデザイン」にするという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集