VWグループ前CEO、検察が捜査を開始…排ガス不正で

自動車 ビジネス 企業動向

VWのCEOを辞任したマルティン・ヴィンターコルン氏
  • VWのCEOを辞任したマルティン・ヴィンターコルン氏
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場
排出ガス試験での不正の責任を取って、CEOを辞任したフォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルン氏。同氏に対して、ドイツの検察当局が捜査に乗り出した。

これは9月28日、ドイツ北西部のブラウンシュヴァイクの検察が明らかにしたもの。「マルティン・ヴィンターコルン前CEOに対する捜査を開始した」と発表している。

フォルクスワーゲングループの監査役会は9月23日、マルティン・ヴィンターコルン氏のCEO辞任に際して、「ヴィンターコルンCEOは、排出ガスのデータが操作されていたことを知らなかった」と公表。

しかし、全世界で約1100万台もの大規模な不正を、経営トップが本当に知らなかったのか。検察は、この点に関心を寄せている。

同検察は、「捜査の重点は、不正な排出ガス操作を伴う自動車を販売した詐欺の告発にある」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集