【ITS世界会議15】デンソー、将来型コックピットで高度運転支援システムを紹介

自動車 テクノロジー ITS

デンソー ブースイメージ
  • デンソー ブースイメージ
デンソーは、10月5日から9日まで、フランスボルドー市で開催される「第22回ITS世界会議ボルドー2015」に出展。「世界の命を技術で守りたい -いつもの安心、もしもの安全- 」をテーマに、高度運転支援システムを支える製品と技術を紹介する。

体験型展示では、大型ヘッドアップディスプレイや、脇見や眠気などを監視するドライバーステータスモニター、電子ミラーなどを搭載した将来型コックピットを紹介。車が危険個所に差し掛かった際のドライバーへの注意喚起や、合流時・車線変更時のドライバーへの情報伝達など、クルマとのコミュニケーションを体験することができる。

また、GPSで測位した自車の位置情報とカメラの映像から自車がどの車線を走行しているかまで把握できるADASロケータや、自車への接近物を検出して警告できる4つのカメラを使った周辺監視システムなど、高度運転支援システムを支える各種製品を紹介する。

さらに、デンソーが公道とテストコースで実施している、高度運転支援に関する走行実験の内容や、シンガポールの国立大学や国立研究機関などとの自動運転分野での共同研究について紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集