JR東日本の只見線西若松~会津坂下間、9月29日再開…当面は徐行

JR東日本仙台支社は9月25日、関東・東北豪雨の影響で運休が続いている、只見線西若松(福島県会津若松市)~会津坂下(会津坂下町)間18.5kmを9月29日に再開すると発表した。

鉄道 企業動向
JR東日本仙台支社は9月25日、関東・東北豪雨の影響で運休が続いている、只見線西若松(福島県会津若松市)~会津坂下(会津坂下町)間18.5kmを9月29日に再開すると発表した。

同支社によると、西若松~会津本郷間にある大川橋りょうが、9月9日から11日にかけての大雨の影響で一部にゆがみが発生。同橋りょうを含む西若松~会津坂下間で運行を見合わせ、バスによる代行輸送を実施している。

このほど、応急工事のめどが立ったことから、9月29日の初発から再開することが決まった。今回は応急処置による運行再開のため、当面は大川橋りょうで速度を落として運行する。この影響で当面は1分程度の遅れになる見込みだ。代行バスは9月28日限りで運行を終了する。

只見線ではこのほか、2011年の新潟・福島豪雨の影響で会津川口~只見間の運休が続いている。再開のめどはたっていない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集