米環境保護局、車両検査を強化へ…VW の不正に対応

自動車 ビジネス 企業動向

VWによる排出ガステストの不正を受け、米国EPA(環境保護局)が車両検査を強化へ
  • VWによる排出ガステストの不正を受け、米国EPA(環境保護局)が車両検査を強化へ
  • ドイツのVW販売店
  • ドイツのVW販売店
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン
フォルクスワーゲングループが米国において、排出ガステストを不正な手段でクリアしていた問題。この問題を受けて、米当局が車両の検査の強化に乗り出した。

これは9月25日、米国EPA(環境保護局)が明らかにしたもの。EPAは米国に進出している自動車メーカー各社に、通達を出している。

通達の内容は、「排出ガス試験を逃れる目的で、車両に違法な装置が装着されていないか、検査を強化する」というもの。

また、フォルクスワーゲングループの不正は、車両がダイナモ上で排出ガス試験を受けていることを、ステアリングや車輪などの状態から察知。排ガス浄化装置をフル稼働させていた。

EPAは今後、このような不正を防ぐために、「通常の走行状態で排出ガス基準に適合しているかを調べるために、追加検査を行う場合もある」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集