ポルシェ、伝説のマシン 917K をレストア…40年ぶりに米国のサーキットを走行

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
  • レストアにより復活したポルシェ917K
ポルシェAGは、ヒストリックレーシングカーのレストアサービスをドイツと米国で開始。第1弾としてレストアした「ポルシェ917K」が40年ぶりに米国のサーキットを走行する。

ポルシェ917Kは、1971年のスパ・フランコルシャン1000kmレースで伝説的優勝を飾ったマシン。ワトキンズグレンなど米国でも成功を収めた後、2009年にガルフカラーに塗装されてツッフェンハウゼンのミュージアムに収蔵された。今回のレストアでは、ポルシェ ミュージアムアーカイブなどの膨大な資料を使用して、かつてのポルシェ従業員を含めた熟練メカニックたちが遂行し、1971年の状態に蘇らせた。

このポルシェ917Kは、ラグナ・セカで9月25日~27日に開催されるポルシェ ヒストリックレーシングカーによる世界最大のイベント「レンシュポルト・リユニオン」にエントリー。40年の時を経て米国のサーキットに復帰する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集