ダイハツ系プロドゥア、「アルザ」と「マイヴィ」に新バリエーション

エマージング・マーケット 東南アジア

ダイハツ系のプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は19日、『アルザ』と『マイヴィ』の新たなバリエーションを発表した。

「アルザ」の新バリエーションは「アルザS」で、フロントやリアー、サイドのスカート、リヤスポイラーなどの外観がアップグレードされた。またUSBやブルートゥース接続ができるオーディオなどが搭載された。

また「アルザS」の限定ボディカラーメタリック・エレクトリック・ブルーが追加された。価格は標準価格据え置きとなり、マニュアルが5万2,332リンギ、オートマが5万5,332リンギとなる。

「マイヴィ」の新バリエーション「マイヴィ・プレミアムXS1.3リットル」は、同社のアクセサリ・ブランド「ギアアップ」のスカートがフロント、リアー、サイドに採択され外観がよりスポーティーとなった。また内装には新たなデザインの布シートが搭載された。価格は4万8,862.16リンギ(オートマチックのみ)となる。
広瀬やよい

特集