秩父鉄道、熊谷市10周年でSL記念列車運転…9月26・27日

鉄道 企業動向

『SL熊谷市誕生10周年記念号』のヘッドマーク。9月26・27日に掲出する。
  • 『SL熊谷市誕生10周年記念号』のヘッドマーク。9月26・27日に掲出する。
  • 9月26・27日の乗客にはクリアファイルとコースターがプレゼントされる。画像はクリアファイル。
  • 9月26・27日の乗客にはクリアファイルとコースターがプレゼントされる。画像はコースター。
秩父鉄道は9月26・27日の2日間、現在の熊谷市が発足して10周年を迎えることを記念し、SL列車『SLパレオエクスプレス』とのコラボレーション企画として『SL熊谷市誕生10周年記念号』を運行する。

『パレオエクスプレス』をけん引する蒸気機関車に、10周年記念のロゴマークをあしらったヘッドマークを取り付けるほか、除煙板(デフレクター)を熊谷市のキャラクター「あつべぇ」「えんむちゃん」で装飾する。車内には熊谷市の写真を展示。乗客にはコースタータイプの乗車記念証やクリアファイルをプレゼントする。

このほか、初日の9月26日は9時50分から10時10分頃まで、熊谷駅のホームで出発式を実施。熊谷市長が出席し、熊谷市キャラクター「ニャオざね」も登場する予定だ。

現在の熊谷市は2005年、旧・熊谷市と妻沼町、大里町の新設合併により発足。2007年には江南町を編入した。10月1日に新設合併から10周年を迎える。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集