埼玉高速鉄道、路線愛称の「総選挙」実施

埼玉高速鉄道は9月24日12時から10月7日まで、同社が運営する埼玉高速鉄道線の路線愛称の「総選挙」を実施する。三つの愛称案のなかから一つを選ぶ。

鉄道 企業動向
埼玉高速鉄道は9月24日から路線愛称最終候補作品の「総選挙」を実施する。写真は浦和美園駅を発車する埼玉高速鉄道の列車。
  • 埼玉高速鉄道は9月24日から路線愛称最終候補作品の「総選挙」を実施する。写真は浦和美園駅を発車する埼玉高速鉄道の列車。
  • 「総選挙」では愛称案の3作品のなかから一つを選ぶ。写真は埼玉高速鉄道線の川口元郷駅。
埼玉高速鉄道は9月24日12時から10月7日まで、同社が運営する埼玉高速鉄道線の路線愛称の「総選挙」を実施する。三つの愛称案のなかから一つを選ぶ。

埼玉高速鉄道は今年4月から5月にかけ、赤羽岩淵(東京都北区)~浦和美園(さいたま市緑区)間14.6kmを結ぶ埼玉高速鉄道線の愛称を一般から募集。全国から応募のあった1696件のなかから社内選考を経て最終候補3作品を選定し、路線愛称を一般から選んでもらうことにした。

最終候補作品は「埼玉南北線」「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」「埼スタメトロライン」。赤羽岩淵駅を除く埼玉高速鉄道線の各駅で投票用紙を配布するほか、埼玉高速鉄道のウェブサイトでも投票を受け付ける。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集