【フランクフルトモーターショー15】ランボルギーニ謎の新型車、正体は「ウラカン スパイダー」

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ウラカンLP 610-4スパイダーの予告イメージ
  • ランボルギーニ ウラカンLP 610-4スパイダーの予告イメージ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4(参考画像)
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4(参考画像)
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4(参考画像)
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開する新型車。同車の正体が判明した。

これは9月9日、ランボルギーニが公式サイトで明らかにしたもの。フランクフルトモーターショー15において、『ウラカンLP 610-4スパイダー』をワールドプレミアする、と発表している。

ウラカンLP 610-4スパイダーは、『ガヤルド』後継スーパーカー、『ウラカン』のオープンバージョン。ガヤルド同様、ウラカンにもスパイダーが設定される。

現時点では、ウラカンLP 610-4スパイダーの詳細は、画像を含めて公表されていない。

ただし、「LP610-4」というキーワードからは、クーペボディのウラカン同様、ミッドシップに直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出し、4輪を駆動するものと見られる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集