ホンダ、タカタエアバッグ要因のリコール追加「届け出時の車種漏れ」で

自動車 ビジネス 国内マーケット
ホンダ ストリーム(2001年)
  • ホンダ ストリーム(2001年)
  • 改善箇所
ホンダは9月4日、『ストリーム』に装備されているエアバッグのインフレータ(膨張装置)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。昨年行なったタカタ製エアバッグのリコールへの、対象車両追加届出となる。

対象となるのは、2001年10月30日~2002年6月21日に製造されたストリーム、計1万5300台。

山口県の解体業者が当該車両を解体中、助手席のエアバッグが異常展開したことで発覚。これにより車内の一部が焼損し、飛び出したインフレータの一部がフロントガラスを突き破った。けが人はいなかった。

今回新たにリコール対象車を追加することになった背景として、昨年のリコール届出時、リスト作成の際に人為的ミスにより対象車両が一部漏れてしまったことによるもの、とホンダは説明。「今後同じようなことが起きないよう、検証機能を増やしていく」としている。

改善措置として、当該インフレータを良品に交換する。不具合件数は0で、異常発覚時を除き事故は起きていない。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集