VW のヴィンターコルンCEO、任期延長が内定…2018年末まで

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社のトップの任期の延長が、内定した。

自動車 ビジネス 企業動向
フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルンCEO
  • フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルンCEO
  • フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルンCEO(資料画像)
  • マルティン・ヴィンターコルンCEO(資料画像)
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社のトップの任期の延長が、内定した。

これは9月2日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社の監査役会の理事会は、「マルティン・ヴィンターコルンCEO の任期延長について、全会一致で合意した」と発表している。

当初のヴィンターコルンCEOの任期は、2016年末まで。今回のフォルクスワーゲングループ監査役会の理事会発表によると、任期を2年延長し、2018年末までにするという。

なお、ヴィンターコルンCEOの任期延長は9月25日、監査役会において、正式決定される見通し。

監査役会の理事会は、「マルティン・ヴィンターコルンCEOとともに、フォルクスワーゲングループは、2018年の目標達成への道を歩んでいく」と、コメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集