【WMX 第16戦】フェーブルが世界チャンピオンに、ヤマハ6年ぶりタイトル

モーターサイクル エンタメ・イベント
ロマン・フェーブル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーブル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーブル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーブル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーブル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーブル(ヤマハ)
世界モトクロス選手権 第16戦オランダGPが8月30日、アッセンで開催され、MXGPクラスで総合2位に入ったロマン・フェーブル(ヤマハ)の2015年世界チャンピオンが決定した。

今大会、フェーブルは11度目となるポディウムフィニッシュを決めるとともに、12回目となるヒート優勝を飾り、シーズン終了まで2戦を残して王座に就いた。23歳の元ヨーロッパ・チャンピオンのフェーブルにとっては初、ヤマハにとっては2009年以来となる世界タイトル獲得となった。

今シーズン、フェーブルはポールポジションを除き、すべてのチャートと統計で首位に立った。フェーブルは最も多くの周回数をリードし、最も多くのヒート(32ヒート12勝)とグランプリ(16戦6勝)を制し、最も多くポディウムに立って(11回)、シリーズリーダーとして最も多くレッドプレートを手にした(7回)。

■第1レース
1位:ショーン・シンプソン(KTM)
2位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)
3位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
4位:グレン・コルデンホフ(スズキ)
5位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)
6位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)

■第2レース
1位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)
2位:グレン・コルデンホフ(スズキ)
3位:ショーン・シンプソン(KTM)
4位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)
5位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
6位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)

■ポイントランキング
1位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)638P
2位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)536P
3位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)499P
4位:ショーン・シンプソン(KTM)437P
5位:アントニオ・カイローリ(KTM)416P
6位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)414P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース