【スズキ ソリオ 新型発表】「走る」をエクステリアデザインに

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ 四輪技術本部 四輪デザイン課 エクステリア課長 山本雄高氏
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ
スズキは8月26日、コンパクトハイトワゴン『ソリオ』と『ソリオ バンディット』をフルモデルチェンジした。

ボディサイズは、全長3710×全幅1625×全高1745mm。全高が20mm低くなったことにより、「走る」という感覚が強くなったというのは、四輪技術本部四輪デザイン課エクステリア課長の山本雄高氏。「もちろん全高が低くなったことで燃費が上がるというメリットもあります」。

ソリオのコンセプトは先代から変わっていないという山本氏。「ファミリー向けで中性的。新型にはこれに加え、より走るというイメージを与えたかった」

特に手をかけたのが、サイドからリヤにかけて刻み込まれたような立体的なラインだという。「スライドドアなのでなるべく表面は平の方が良いのですが、走るイメージを表現するために開発しました。今回の開発の中で一番時間をかけた箇所です」。

バンディットのデザインは同じコンセプトを共有しつつも、より攻撃的で、走りのイメージアップを図ったという。2段構えのヘッドランプには、スズキ初となるハイ/ロー切替式LEDヘッドランプを採用。LEDポジションランプと両目を繋ぐように配置されたフロントグリルのLEDイルミネーションなど、シャープな見た目でクールさを演出する。リヤには全面をクリアレンズにしたコンビネーションランプとエアロ形状のバンパーを装備。

ソリオは新色5色を含めた8色、バンディットは新色4色にブラックルーフの2トーンカラーも新たに加えた計9色から選ぶことができる。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

  • 【スズキ ソリオ 新型発表】ハーマン製車載インフォテイメントシステムを搭載 画像 【スズキ ソリオ 新型発表】ハーマン製車載インフォテイメントシステムを搭載
  • 【スズキ ソリオ 新型発表】マイルドハイブリッド搭載で燃費27.8km/L…145万円台から 画像 【スズキ ソリオ 新型発表】マイルドハイブリッド搭載で燃費27.8km/L…145万円台から
  • 【スズキ ソリオ 新型発表】アグレッシブなスタイリングの バンディット[写真蔵] 画像 【スズキ ソリオ 新型発表】アグレッシブなスタイリングの バンディット[写真蔵]
  • 【スズキ ソリオ 新型発表】新開発プラットフォームで室内拡大、ハイブリッドも登場[写真蔵] 画像 【スズキ ソリオ 新型発表】新開発プラットフォームで室内拡大、ハイブリッドも登場[写真蔵]

特集