【ハーレー 2016年モデル】ファットボーイローのスペシャル仕様…最強ツインカム110Bエンジン搭載

モーターサイクル 新型車

ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
  • ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
  • ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
  • ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
  • ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
  • ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイロー S(画像は米国仕様車)
1990年のデビューから四半世紀が経つロングセラーヒットモデル、ハーレーダビッドソン『ファットボーイ』。バリエーションモデルとして全身をブラックアウトし、ローフォルムを強調した『ファットボーイロー』との2本立てで、近年では盤石の構えとなっていたが、ここに来てさらに“スペシャル”が登場した。

2016年モデルでラインナップに加わった『FLSTFB ファットボーイロー S』だ。

最大の特徴は、ハーレー史上最大を誇る1801ccツインカム110Bエンジンの搭載。ドラッグレースのためにつくられた「スクリーミンイーグル」のチューニングパーツが惜しみなく組み込まれ、エアクリーナーも専用のハイフロータイプ。

油圧クラッチや電子制御クルーズコントロールといった、従来モデルにはなかった快適装備も導入されている。

また「ダークカスタム」と呼ばれるカスタムトレンドをさらに極めているのも見逃せない。スタンダード版のファットボーイローでは、サテンシルバーのパーツを要所に用いてコントラストを演出していたが、ファットボーイロー Sはとにかく黒い。

精悍さに磨きをかけたダークカスタムの1つの完成型だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集