【メルセデス CLAシューティングブレーク 発表】世界第3位の市場めざす「これからを担うモデル」

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ CLA250シューティングブレークオレンジアートエディション(手前)とメルセデスベンツ CLA(奥)
  • メルセデスベンツ CLA250シューティングブレークオレンジアートエディション(手前)とメルセデスベンツ CLA(奥)
  • メルセデスAMG CLA45 4MATICシューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスAMG CLA45 4MATICシューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスベンツ CLA250シューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスベンツ CLA250シューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスベンツ CLA250シューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスAMG CLA45 4MATICシューティングブレークオレンジアートエディション
  • メルセデスAMG CLA45 4MATICシューティングブレークオレンジアートエディション
メルセデスベンツ『CLAシューティングブレーク』は、4ドアクーペの『CLA』をベースに、後席を中心とした広い室内空間と大きなラゲッジスペースを確保したクルマだ。

CLAシューティングブレークのベースとなるCLAは、全く新しいコンセプト、4ドアクーペとして誕生した。その最大の特徴は「“鮮烈なデザイン”だ」とは、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部マネージャーの嶋田智美さんの弁。更に、このデザインはエアロダイナミクスにも優れており、市販車として世界最高水準のCd値、0.23を実現。「理論に裏付けられたデザインでもある」という。

CLAは2013年の発表から今日までの世界累計販売は15万台を超えており、また、CLAシューティングブレークも3月からデリバリーが開始され、合計すると20万台を超えることから、「メルセデスのこれからの成長を担うモデルのひとつとして位置づけられている」と嶋田さんはいう。

そして、CLAシューティングブレークは、「CLAの高いデザイン性に後席を中心とする広い室内空間。そして大きなラゲージルームが加わった、非常に欲張りなモデルである」と述べる。

“シューティングブレーク”という言葉は、狩猟用に作られた“馬車”の形状を指していた。その後、「1960年代のイギリスで、一部の貴族が狩猟に限らず余暇を楽しむクルマとして少量生産された。その特徴は、クーペのボディにハッチバックを組み合わせたデザインが基本となる」。CLAシューティングブレークもこのコンセプトを踏襲しており、「スタイリッシュなクーペデザインと高い利便性を備えた、現代の多様なライフスタイルに対応するモデルである」と話す。

CLAシューティングブレークは、3月にジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たし、3月下旬からヨーロッパを中心にデリバリーが開始された。嶋田さんは、「日本はドイツ、イタリアに続いて、世界第3位のマーケットになるのではと期待されている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集